Now Loading.

Dr.トレーニング
STUDY 9

STUDY 9 | 「筋力・持久力を同時に鍛えるトレーニングの、筋力アップへの干渉」

筋力トレーニンググループ(以下Sグループ)
持久力トレーニンググループ(以下Eグループ)
どちらも行うグループ(以下S&Eグループ)
〈対象〉
・Sグループ→男7:女1(18〜27歳)
・Eグループ→男5:女3(19〜36歳)
・S&Eグループ→男5:女2(18〜37歳)
〈トレーニング内容〉
・Sグループ→週5(3日間:スクワット5×5、レッグカール5×3、レッグエクステンション5×3 2日間:レッグプレス5×3、カーフレイズ20×3 マックスの重さに近い負荷→最初は80%で始める)
・Eグループ→週6(3日間バイクでVO2maxに到達する負荷で5分×6でインターバル:セット間は2分の休憩、残りの3日間ランニング:できるだけ速く走る 1週目30分、2週目35分、3週目40分)
・S&Eグループ→どちらもやる
〈テスト方法〉
・筋力→実験前と10週後でスクワット1RM
・持久力→バイクとトレッドミル(バイク:4〜8分間、1分毎に負荷が上がり続ける、トレッドミル:1分毎に坂の角度が上がる)
〈結果〉
・筋力:
Sグループ→42キロ、44%アップ 
S&Eグループ22キロ、25%アップ(7週目→30キロ、34%アップ=7週目以降落ちていった)
・持久力:
バイクテスト
Eグループ→23%アップ
S&Eグループ→18%アップ
トレッドミルテスト
Eグループ→17%アップ
S&Eグループ→17%アップ
〈考察〉
筋力トレーニングのみで10週間継続的にトレーニングを行うと、筋力は上がり続ける。
しかし持久力トレーニングを一緒に行うと、7週目まで上がるが、それ以降筋力は落ちていく傾向にある。
※ただしトータルでは筋力アップしている。このことから持久力トレーニングの導入は筋力アップを多少妨げる傾向にある。